読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三者三葉 缶バッジ

WEBカメラのメーカーについて
WEBカメラを販売しているメーカーはいくつか存在します。


何社かピックアップしてご紹介したいと思います。

Logicoolロジクール)】
パソコンの周辺機器等を販売しているメーカーで、
スイスのLogitechロジテック) International S.Aという会社の日本法人です。


本来ならばロジクールではなく、
ロジテックという会社名で販売しているはずです。


しかしロジテックという会社が先に周辺機器メーカーとして存在していたために
日本だけロジクールというブランドで商品を販売しているそうです。


マウスやキーボード等で有名な企業ですが、
WEBカメラといえばロジクールというほどに
WEBカメラに関しては大人気のメーカーです。

質も高く大変信頼出来るメーカーさんですので、
個人的にも一番おすすめ出来るメーカーさんです。

【ELECOM(エレコム)】
パソコン関係の周辺機器を販売している有名メーカーです。


本社は大阪にあるそうで、
比較的値段が安い事が特徴なメーカーだと思います。


個人的なイメージとしては、
商品によってはアタリハズレというかそういう物がある様な気がします。


要するに値段相応のクオリティという事ですので悪い意味ではないです。

実際に周辺機器メーカーとしてはかなり有名ですし人気もあります。

 

三者三葉 缶バッジ

またプリズンスクールの缶バッジを買いました

私は見るとすぐにプリズンスクールの缶バッジを買ってしまいます。だから最近では抑えていたのです。一か月に一個だけと決めていたのです。それなのに、一週間前に買ったばかりなのにまた今日も買ってしまったのです。とても素敵なデザインだったのです。
その缶バッジはまるで虹色で、輝いて見えたのです。だから私は欲しくなったのです。でも一週間前に買ったばかりだったので、買おうとは思っていませんでした。でも考えてずっと考えて、やはり買ってしまったのです。さっきのお店に戻って買ったのです。自分で決めた約束事を破ってしまったのです。
家に帰ると、目の前には約五十個のプリズンスクールの缶バッジがあるのです。こんなにも揃えてどうするのか、といつも母に言われています。でも私は持っているだけでとても幸せなのです。
プリズンスクールの缶バッジって子どもっぽいと言われますが、それでも持っているだけでいいのです。こんな小さなものにお金を使うなんてもったいないと、家族には言われています。自分でも思う事はあるのです。もったいないなと思ったりもするのです。だから買う事を抑えようと思ったのです。
でもそれができなくて、私は結局は買ってしまっているのです。やはり缶バッジには多くの魅力があるのです。

プリズンスクール

懸賞で当たった監獄学園オリジナル缶バッジ

テレビで見た番組の懸賞でオリジナル缶バッジのプレゼントがありました。それはとても大きくて、とてもキラキラ光っているものだったのです。

 

どうしてもそのオリジナル缶バッジが欲しくなったのです。

 

私ははがきを十枚使って、その懸賞に応募をしました。

それから一か月後、自宅に一枚の大きな封筒が届きました。開けてみると、あの缶バッジだったのです。なんと私は懸賞に当たって、どうしても欲しいと思った缶バッジがやって来たのです。 それを見たらとても嬉しくなったのです。

あのテレビで見ていた

http://realize-net.com/wp/?p=1052

が今、目の前にあるのです。

それがとても嬉しかったのです。 今までこんなにも大きな缶バッジを見た事がなくて、手に取ってとても嬉しく思ったのです。今まで何度も懸賞に応募をした事がありますが、当たったのは今回が初めてだったのです。

今の私はとてもついているみたいです。 そしてこのオリジナル缶バッジを壁に貼りました。結構大きいので、貼る場所が見当たらなかったのです。考えた結果、壁しか思いつかなかったのです。

ペタンと貼ると、とても部屋に合っていたのです。それに部屋のイメージがもっと良くなってきました。とても嬉しくて私は毎日眺めているのです。眺めながらご飯を食べたり、寝たりしているのです。

 

監獄学園 缶バッジ

イベントで制作してもらえるオリジナルステッカー

いつの時代もステッカーって子供たちには人気の商品ですよね。

私が子供の頃なんてコカ・コーラステッカーが流行ったのを覚えています。

 

またアニメのキャラクターが写っているステッカーがお菓子や雑誌の景品になっていたこともありました。

 

それは今でも同じで、我が家でも娘がアニメのステッカー欲しさによく祖父母にそのお菓子を買ってくれと頼んでは、お菓子そっちのけでステッカーに夢中になっているのはよく見かける光景です。

 

最近では地域のイベントやハウス展示場のイベントなどに行くとオリジナルのステッカーを制作してくれる場面も多くなってきました。

 

子供の写真をデジカメで撮り、それをノートパソコンで取り込み、画像を加工して、印刷、プレス機にかける、と5分もかからずにオリジナルステッカーが制作できてしまうので、どこに行っても行列ができており、人気の高さをうかがわせます。展示場などではもちろんお金を取らずに作ってくれたりするのですが、地域のイベントなどに行くと、募金という形でお金を集めて、子供の写真に加えて人気のアニメキャラクターも取り込んでくれて子供たちも大喜びです。

 

作ってもらってなんですが、著作権とか関係ないのかな~なんて考えながら毎回作ってもらっています。

缶バッチ製作について考える

「缶バッチ」について少し語りたいと思います。

 

あまり旬でない少しきな臭いイメージがあります。しかしながら、「缶バッチ」に対する思い出はどことなく強いです。

 

小学校の工作や家庭科の時間に作ったことがある人も多いのではないでしょうか。作った人なら分かると思いますが、缶バッチは、制作の難易度は高めです。

缶バッチ 製作

 

というよりデザイン性が問われるので、作る以前にどのようなデザインにするかということで先に悩んでしまいます。といってもやはり「缶バッチ」に変わりないので、作るだけでも十分にオリジナルの作品が出来上がります。作るという解釈をしていますが、厳密には「制作」や「製作」という機械的な解釈を含める方が正しいかもしれません。

 

熱を加えて缶を曲げるという作業が軸になったり、ということも考えられます。そのために布で作るティッシュケースなど、針で糸を通したり、または返し縫いをしたりという裁縫とは少し意味合いが違います。

 

達成感もやはり工作という面では、缶で作ったバッチの方がより高いのではないでしょうか。普段、なんとなくリュックに着けているバッチが缶でできているのか、プラスチックでできているのか気にすることは滅多にないと思いますが、もし気づいたら、そのユーモア性に浸ってみるのも一興ですね。

 

この缶バッチはいつ買ったのか、とか缶ジュースは最近飲んでいるかなど、ベンチに座って考えてみたりなんかもいいと思います。それから作ろう!発明しよう!と発想が広がるのだと、そういう感じがします。 

オリジナル缶バッジをノベルティで制作しました

学園祭のイベントでノベルティを配布する際、オリジナルの缶バッジを製作したことがあります。

 

缶バッジはノベルティの中でも非常にリーズナブルな価格で制作が行えるグッズですし、もらう側にとっても軽量で全くかさばることが無く、持ち帰りや保管に気を配ることも無いというメリットがあります。

 

低コストで大量に制作することが出来るので、来訪者が多いイベントでノベルティを配布したい際にはオリジナル缶バッジは定番の存在だと思います。

 

缶バッジの良さといえば、絵柄を自由にオリジナルで制作出来ることだと思います。 ボールペンやえんぴつなど文具をノベルティとして配りたい場合には、スペースが限られている都合上からどうしても文字だけしか記載することが出来なかったり、カラーでイラストや写真を差し加えるということは難しいものです。

 

タオルやトートバッグなどのノベルティであれば、カラーに対応したり、絵やイラスト入りのものも制作しやすいですが、オリジナル缶バッジと比べるとどうしても制作コストが上がってしまうデメリットがあります。

 

オリジナル缶バッジならば安い料金で企業やイベントのPRを効果的に行なうことが出来ますし、製作におけるデザインの自由度も非常に高いです。 綺麗なイラストや写真入りの缶バッジはコレクターも多いですし、子供からの受けも良いので万人受けします。

冬の静けさ

今日は雨がどしゃ降りですね。

いやだ!これ以上冷え込まないで!

 

さぁ、本日は前回に引き続きましてキャングラムの嬉しい発表です。

海外に向けたインタビューツールギャザーさんにて紹介されました!


https://www.gathere.net/case/case01.htm

 

拝読していて従業員の自分もなるほどと頷く場面が多々あり。

 

これからもグローバルワイドに躍進して頂きたいです。

 

皆さんも海外で撮った写真など気軽にキャングラムで形に残してくださいね。